オーディオエフェクト

参考

Live オーディオエフェクトリファレンス | Ableton [公式]

使い方

参考

Ableton Live のエフェクト使い方いろいろ。使い込むほどおもしろい | マタタキベース

Ableton Live のエフェクトの種類と分類 | マイナスからの Ableton Live

エフェクトの適用 | Sleepfreaks

オーディオエフェクト | スタジオ翁

インストゥルメントとエフェクトを使用する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

グループ化

Shift + クリック」で複数のエフェクトデバイスを選択し、右クリックメニューから「グループ」(Ctrl + G) を実行することで、デバイスをラックにまとめることができる。

参考

ラックを作成する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

無効化する

0選択したエフェクトの一時的な無効/有効を切り替える (デバイス左上の黄色いボタン)

参考

How do you temporarily disable effects in Live 10? – Ableton Forum

アンプ (Amp)

モデル
  • Clean60年代クラシックアンプ「ブリリアント」風
  • Boost60年代クラシックアンプ「トレモロ」風/エッジの効いたロックリフ向き
  • Blues70年代風/カントリー、ロック、ブルース
  • Rock60年代風/45ワットクラシックアンプ
  • Leadハイゲインアンプ「モダン」風/メタル
  • Heavyハイゲインアンプ「ヴィンテージ」/メタル、グランジ
  • Bass70年代風ベースアンプ/力強いローエンド、ファジーな高音域
パラメーター
  • Gainプリアンプ入力レベル/ディストーションの調整
  • Volumeパワーアンプ出力レベル
  • Bass低域の音量を調整する。
  • Middle中域の音量を調整する。
  • Treble高域の音量を調整する。
  • Presense中/高域の音色を調整する。(モデルにより効果が異なる/エッジや明瞭度に影響する)
  • Output出力チャンネル数を選択する。
    • Monoモノラル
    • Dualステレオ

参考

Amp | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

キャビネット (Cabinet)

スピーカーキャビネットを模擬したエフェクト。アンプの直後に挿入して使用する。

  • Speakerスピーカーの数と大きさを指定する。
    • 1×12
    • 2×12
    • 4×12
    • 4×10
    • 4×10 Bass
  • Microphoneマイクの位置と種類を選択する。
    • 位置
      • Near On-Axis近接・同軸/明瞭で淡白なサウンド
      • Near Off-Axis近接・交差/共鳴感のあるサウンド
      • Far遠隔/バランスの取れた空気感のあるサウンド
    • 種類
      • Dynamicダイナミックマイク/近接用、大きな音を処理できるがザラつきのある音になる
      • Condenserコンデンサマイク/遠隔用、精密な音を録音できる (デフォルト)
  • Output出力チャンネル数を選択する。
    • Monoモノラル
    • Dualステレオ

参考

Cabinet | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

ペダル (Pedal)

ギター用ディストーションエフェクト。

  • 種類
    • ODオーバードライブ/軽い歪み感
    • Distortディストーション/歪んだ音
    • Fuzzファジー/大きく歪んで不安定な音
  • Bass低域の歪み効果を調節する。(中心周波数 100 Hz)
  • Mid中域の歪み効果を調節する。
    • 中心周波数
      • 左端500 Hz
      • 中央1 kHz
      • 右端2kHz
  • Treble高域を除去するシェルビング EQ (カットオフ周波数 3.3 kHz)
  • Sub低域をブーストするローシェルフフィルター (カットオフ周波数 250 Hz)

参考

Pedal | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

Pedal 使用のヒント | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

イコライザー (EQ)

  • Channel EQシンプルながらフレキシブルな3バンド EQ
    • HP 80 Hz低域のランブルノイズを除去する
    • Lowローシェルフフィルター (100 Hz)
    • Mid指定した周波数のベルフィルター
    • Highハイシェルフフィルター/減衰の場合、ローパスフィルターが追加される (8 ~ 20kHz)
    • Output出力のゲインを調節する
  • EQ Eight8パラメトリックフィルター EQ
  • EQ Three3バンド EQ

参考

ラジオトーンを一瞬で作る方法 | I Love Fat Bass

EQ を使って要らない周波数帯のカット | Make Inspiring Beats

新デバイス「チャンネル EQ」 | Make Inspiring Beats

Channel EQ はサクッと音作りできて最高 | 無理ない暮らし

トラックメイカーおすすめの EQ「EQ Eight」と「Pro-Q2」の紹介 | MIDI BASS

Channel EQ | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

EQ Eight | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

EQ Three | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

サイドチェーン

  1. ブラウザーから「オーディオエフェクト > Dynamics > Compressor」を、サイドチェーンで圧縮する対象のトラックにドラッグしてインサートする。
  2. Compressor デバイスのタイトルバーで下向きの三角をクリックしてサイドチェーンを表示する。
  3. 「Sidechain」を有効にし、「Audio From」でサイドチェーン入力の対象にするトラックを選択し、分岐位置として Pre FX など適切な位置を選択する。
  4. 必要であればサイドチェーン入力用の EQ を設定する。
  5. レシオ (Ratio) 7 程度、アタック (Attack) 2 ms 程度、リリース 50100 ms 程度に設定する。圧縮対象の音色に合わせてパラメーターは適宜調整を行う。

参考

サイドチェインを使用する | Sleepfreaks

サイドチェイン (ダッキング) をオートメーションでやるのがおすすめな理由とは? | サッキーのさっきの出来事

Ableton LIVE でサイドチェインコンプを掛けるやり方 | 無理ない暮らし

サイドチェインの初歩的な使い方 | Make Inspiring Beats

サイドチェインを理解する 前編 音の居場所を作る | Ableton [公式]

コンプレッサーの サイドチェイン機能 後編 定石と応用 | Ableton [公式]

How to Use Sidechain Compression in Ableton | Black Ghost Audio

Glue Compressor

参考

Glue Compressor | SoundATHLETE COLUMN

Glue Compressor | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

How to use the Ableton Live GLUE COMPRESSOR audio effect | PCAudioLabs

Drum Buss

参考

Drum Buss | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

マルチバンドエフェクタを作る

参考

マルチバンドエフェクタを自作しよう | ぷるれこ

Multiband Dynamics | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

スペクトラムアナライザー (Spectrum)

参考

周波数を調べるスペクトラムの使い方 | Make Inspiring Beats

Spectrum | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

ボーカルエフェクト

参考

best vocal settings/effects – Ableton Forum

ボーカル抽出/除去

参考

Vocal extraction – Ableton Forum

How does one remove vocals from a track? – Ableton Forum

Easiest way to isolate Vocals? – Ableton Forum

外部エフェクト機器を使う

参考

外部エフェクトを使用する | Ableton [公式]

External Audio Effect | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

事例/実例/音作り

参考

San Holo が公開した、Future Bass の音作り | マタタキベース

Tips

参考

エフェクタに隠された機能を開放せよ! | ぷるれこ

チュートリアル

参考

空間操作を極めるリバーブを使う4つの制作アプローチ | Ableton [公式]

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です