使い方

値を割り当てる。

_number = 42 _name = John
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

変数の値をコピーする。

_dest = %_src%
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

式の値を割り当てる。

_result := MyFunction(_arg1, _arg2)
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

変数を文字列に展開する。

_name = John _msg = Hello, %_name%. MsgBox, %_msg%
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

参考:

変数と式 | so-zou.jp

変数 | AutoHotkey Wiki

式の代入/条件分岐 | AutoHotkey Wiki

Variables and Expressions | AutoHotkey [Official]

When single percent % signs are used in the script? – AutoHotkey Community

Variable within string variable – AutoHotkey Community

ローカル変数/グローバル変数/スーパーグローバル変数

関数内の変数は、通常全てローカル変数として扱われる。

グローバル宣言

関数内でグローバル変数を使うには、global 宣言でグローバル変数として扱う変数の名前を指定する。それ以外の変数は通常通りローカル変数として扱われる。

greeting := "Hello" Greeting(name="John") { global greeting _msg = %greeting%, %name% MsgBox, %_msg% } ^G::Greeting()
Code language: AutoHotkey (autohotkey)
ローカル宣言

関数内の変数をデフォルトでグローバル変数として使うには、引数なしで global 宣言を行う。あるいは、local 宣言でローカル変数として扱う変数の名前を指定する。その場合、ローカルとして指定されなかった変数は全てグローバル変数として扱われる。

greeting := "Hello" Greeting(name="John") { global local _msg _msg = %greeting%, %name% MsgBox, %_msg% } ^G::Greeting()
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

参考:

AutoHotKey のグローバル変数を、関数内で参照する – Qiita

ローカル変数 | AutoHotkey Wiki

グローバル変数の利用 | AutoHotkey Wiki

Local and Global Variables | AutoHotkey [Official]

Super-Global Variables | AutoHotkey [Official]

組み込み変数

参考:

組み込み変数 | so-zou.jp

組み込み変数 | AutoHotkey Wiki

組み込み変数 | AutoHotkeyJp

配列

参考:

配列をリストビューで選択して返す関数 – Qiita

配列オブジェクトが空かどうか判定する – Qiita

インデックスが連番でない配列の insert / remove について – Qiita

空の変数を判定する

If _var = MsgBox, _var is empty!
Code language: AutoHotkey (autohotkey)

参考:

If の条件文で変数が空文字列であるか判定する書き方 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ

空文字列と If 文の書き方を一度調べてみる | ぺんちゃん日記

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA