面取り

  • C 面 (Chamfer)角を平面的に削る処理、またはその削られた角の面。
  • R 面 (Round)角を曲面的に削る処理、またはその削られた角の曲面。機械加工においては、一般的に断面が円弧となるように削られ、その円弧の半径で形状を指定する。
  • フィレット (Fillet)角を丸める処理、または、丸められた角。
  • ベベル (Bevel)斜めに削る処理、または、その斜めに削られた面。
  • 糸面取り加工の角部にできるバリを落とす程度の軽微な面取り。一般的には、C0.2 ~ C0.3 程度の仕上げとなるが、通常は加工精度について厳密な検査は行わない。

参考:

図面における C とは?最低限知っておきたいC面取りの意味 | ハジメ機械設計

C面の形状を正確かつ定量的に測定する方法 | キーエンス

R面取りとは | ダイヤモンド砥石の専門情報サイト

面取りとは | 株式会社ジーベックテクノロジー

糸面取りとは? | 株式会社ジーベックテクノロジー

糸面取りの一般的な解釈と目安寸法 | 機械設計者のメモブログ

面取り – Wikipedia

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA