概要

参考:

PBD法の論文を自分なりに解釈してみた – Qiita

拘束/繰り返し法/収束

  • ガウス・ザイデル法 (Gauss-Seidel Method)
    • 全てのパーティクルについて、誤差が減少するように、順に繰り返し計算する。
    • CPU 実装向き
  • ヤコビ法 (Jacobi)
    • 全てのパーティクルを同時に修正する。
    • 並列計算に向いている。
    • GPU 実装向き
  • 逐次加速緩和法 (Successive Over-Relaxation / SOR)
    • ガウス・ザイデル法の修正量を拡大して、収束の高速化を図ったアルゴリズム

参考:

ガウス・ザイデル法の説明 理論編 | 数学とか語学とか楽しいよね

ガウス・ザイデル法 – Wikipedia

ヤコビ法 – Wikipedia

SOR法 – Wikipedia

リンク:

線形方程式の解法/反復法 (PDF) | 中島研吾

資料

Position Based Dynamics Combo – nobuo-nakagawa/cedec2017 – GitHub

Position Based Dynamics (PDF) | Matthias Müller

リンク

Matthias Müller

デモ

Position Based Dynamics

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA