loader-utils

参考:

webpack/loader-utils: utils for webpack loaders – GitHub

getOptions

ローダーのオプションを取得する。

参考:

getOptions – webpack/loader-utils: utils for webpack loaders – GitHub

loaderUtil.getOptions returns null: “this” object is empty in loader function · Issue #7131 · webpack/webpack – GitHub

loaderUtil.getOptions returns null: “this” object is empty in loader function for Webpack 4 – Stack Overflow

interpolateName

const interpolatedName =
  loaderUtils.interpolateName(loaderContext, name, options);

name に与えられた文字列において、次のトークンを置き換える。

  • [ext]:リソースの拡張子
  • [name]:リソースのベースネーム
  • [path]:リソースの context からの相対パス
  • [folder]:リソースが配置されているディレクトリ
  • [emoji]options.content に基づいてランダムに選択される絵文字
  • [emoji:<length>]:ランダムに選択される絵文字の数を指定できる
  • [contenthash]options.content に基づくハッシュ
  • [<hashType>:contenthash:<digestType>:<length>]:ハッシュをオプションでカスタマイズできる
    • hashTypes:ハッシュタイプ (sha1, md5, sha256, sha512 のいずれか)
    • digestTypes:ダイジェストのタイプ (hex, base26, base32, base36, base49, base52, base58, base62, base64 のいずれか)
    • length :ハッシュの長さ(文字数)
  • [N]:現在のファイル名に対して正規表現 options.regExp がマッチした N 番目の部分
  • [hash][contenthash] と同じ (誤用を避けるため [contenthash] が推奨)

参考:

interpolateName – webpack/loader-utils: utils for webpack loaders – GitHub

loader-utils/interpolateName.js at v1.1.0 · webpack/loader-utils – GitHub

loader-utils/getHashDigest.js at v1.1.0 · webpack/loader-utils – GitHub

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です