Adapter パターン

継承による Adapter パターン

基本機能を持つ基底クラス (Adaptee クラス) を Adapter クラスで継承した上で、必要となっている対象のインターフェイスを実装する。

移譲による Adapter パターン

基本機能を持つ基底クラス (Adaptee クラス) のオブジェクトへの参照を Adapter クラスで保持し、対象の処理を基底クラスのオブジェクトに実行させる。

参考:

Adapter パターン 1 | TECHSCORE テックスコア

Adapter パターン 2 | TECHSCORE テックスコア

Builder パターン

参考:

Builder パターン | TECHSCORE テックスコア

Delegate パターン

Delegate パターンを実装した Delegator クラスは実装への参照を保持する。実装を設定した後に実装に処理を実行させる。

参考:

イラストで分かる!具体的な Delegate の使い方。- Qiita

委譲 – Wikipedia

Proxy パターン

同じインタフェースを実装した別のオブジェクトに問い合わせをする。

参考:

Proxy パターン | TECHSCORE テックスコア

Strategy パターン

参考:

Strategy パターン – Qiita

Strategy パターン | TECHSCORE テックスコア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です