関連ページ

一般的なエフェクトの作り方は次のページにまとめています。

カスタムエフェクトを作成する方法

参考:

Writing Custom Effects | Post Processing 3.1 Manual [Official]

使い方

  • シェーダーは HLSL で記述する
  • 基本的なインクルードファイルは StdLib.hlsl
    #include "Packages/com.unity.postprocessing/PostProcessing/Shaders/StdLib.hlsl"

参考:

Post Processing で自作のポストエフェクトを実装する | LIGHT11

Post Processing Stack v2 でカスタムエフェクトを作る | Unity を頑張る blog

Post Processing Stack v2 にカスタムエフェクトを追加する方法 | カウンセリングエンジニア

How to use a custom post process – Unity Forum

スクリーン座標を取得する

参考:

how to get position of current pixel in screen space in framgment shader function? – Unity Forum

ワールド座標を取得する

参考:

Get world position in shader of Unity’s new PostProcessing stack? – Stack Overflow

カメラから深度と法線を同時に取得する

参考:

Post Processing Stack V2 のシェーダで CameraDepthNormalsTexture から深度と法線を取り出す方法 – Qiita

輪郭抽出

参考:

Post-Processing Stack v2 で輪郭線抽出のカスタムエフェクトを作る | Alto-tascal

レイマーチング

参考:

Porting full-screen raymarching to Post Process V2 stack – Unity Forum

ドキュメント

参考:

Writing Custom Effects | Post Processing 3.1 Manual [Official]

Controlling Effects Using Scripts | Post Processing 3.1 Manual [Official]

Writing Custom Effects · Unity-Technologies/PostProcessing Wiki – GitHub

API

参考:

Scripting API | Post Processing 3.1 Manual [Official]

Unity Learn

参考:

Creating a Custom Post-Processing Effect for LWRP | Unity Learn [Official]

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です