オートメーション

参考:

オートメーション/エンベロープの編集 | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

使い方

参考:

オートメーション 1 | Sleepfreaks

オートメーション 2 | Sleepfreaks

エフェクト値の書き込み | Sleepfreaks

Live 10.1 は楽しい/オートメーションが楽勝 | 無理ない暮らし

エンベロープを描画する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

ブレークポイントを編集する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

エンベロープを簡略化する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

ピッチオートメーション

  1. クリップビューで「エンベロープ」 (Envelopes) ボックスを開く。
  2. 「デバイスの選択」ドロップダウンリストで「クリップ」 (Clip) を選択し、「コントロールの選択」ドロップダウンリストで「トランスポジション」 (移調/Transposition) を選択する。
  3. エンベロープエディターでブレークポイントエンベロープを編集する。あるいは、ドローモードに切り替えてグリッドに沿ってステップを描画する。

参考:

Ableton Live でオーディオクリップにトランスポーズのオートメーションを書く方法 | サッキーのさっきの出来事

ピッチとチューニングをノートごとに変更する | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

クリップエンベロープ | Ableton リファレンスマニュアル [公式]

Using Clip Envelopes In Ableton Live | Sound On Sound

How to automate clip pitch in Ableton Live 10 – YouTube

Transposition Automation in Ableton Live 9 Suite – YouTube

Tips

参考:

オートメーション編集のコツと注意点 | Sleepfreaks

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA