自作アバターのアップロード

前提

  1. VRChat のアカウントを作成する。(Steam アカウントでログインしている場合はアカウントのアップグレードが必要)
  2. Trust Rank を Visitor から New User 以上になるまで上げる。

アバターをアップロードする:

  1. Unity Hub をインストールする。
  2. VRChat で指定されたバージョンの Unity をインストールする。
  3. VRChat SDK (VRCSDK2) をダウンロードする。(VRChat の Web サイトでユーザーホームにログイン後、https://vrchat.com/home/download にアクセスするとダウンロードリンクがある。)
  4. Unity プロジェクトを作成する。
  5. 「Assets > Import Package > Custom Package…」から VRCSDK2 をインポートする。
  6. モデル及び、モデルに必要なパッケージをインポートする。
  7. モデルの FBX ファイル、もしくは Prefab をシーンに配置する。
  8. プロジェクトウィンドウでモデルの FBX を選択し、Inspector で「Import Setting  > Rig > Animation Type」を Humanoid に変更する。(既に Humanoid の場合は確認するだけでよい。)
  9. Configure で必要なボーンがすべて適切に割り当てられているか確認する。(ボーンの割り当てを変更した場合は Apply を実行して、Done で Configure を完了する。)
  10. モデルのマテリアル/シェーダーを適切に設定する。
  11. モデルの Prefab インスタンスを選択して Add Component から VRC_Avatar Descriptor を追加する。
  12. 「VRC_Avatar Descriptor > Default Animation Set」で Male もしくは Female を選択する。
  13. View Position をモデルの眉間の辺り (右目と左目の間の真ん中で顔に軽くめり込む程度の場所) に設定する。
  14. 「VRChat SDK」メニューから「Show Control Panel」を選択してコントロールパネルを開き、VRChat のアカウントでログインする。
  15. 「Builder」タブに切り替えて、エラー (赤い八角形アイコン) が表示されていないか確認する。「Build & Publish」ボタンが有効となるようにエラーを全て修正する。
  16. 「Build & Publish」ボタンを押し、「Game」ウィンドウで Avatar Name と Description を入力し、オプションを適切に設定して「Upload」を実行する。

現在 VRChat で使用されている Unity のバージョンは、Current Unity Version で確認できる。VRChat 2020.1.1 (2020年4月1日リリース) で Unity 2017 LTS から Unity 2018 LTS に移行した。

VRChat 2020.1.1 ~:Unity 2018.4.20f1 (→ UnityHub で Unity 2018.4.20f1 をインストール)

参考:

VRChat でオリジナルアバターを使おう!| yush_fax’s diary

Blender や FBX のモデルを VRChat で使おう!- Qiita

VRChat に 3D モデル (自作アバター) をアップロードして使用する方法まとめ | とある Vtuber 好きの備忘録

VRChat へのアバターアップロード | 自駄楽さんの備忘録

アバターのアップロード方法 | テトラログ

VRChat 開発メモ アバター編 – Qiita

VRChat のアバターアップロード方法 | アストネス

VRCSDK のインポート・アバターのアップロード | VRChat 初心者向けガイド (vrc.wiki)

アバター導入 | モクペディア Wiki (wikiwiki.jp)

モデルの Import Settings ウィンドウ | Unity マニュアル 2018.4 [公式]

Creating Your First Avatar | VRChat [Official]

Current Unity Version | VRChat [Official]

Setting up the SDK | VRChat [Official]

Release Notes | VRChat [Official]

VRChat SDK

アバターあるいはワールドを制作する際に必須となる Unity パッケージ

参考:

Setting up the SDK | VRChat Guides [Official]

Unity アップデート手順 2017 4.28f1 → 2018 4.20f1 | ケーキの PC 情報集会所

アバターの Unity2018 移行手順 | みかんねここ

VRChat や Unity のアップデートの影響で従来通りアップロードできなくなった場合 | Minuet_Doll

パフォーマンスランク

  • エクセレント (Excellent):非常に良い (32,000 ポリ / 1 スキンメッシュ / 4 メッシュ)
  • グッド (Good):良い (70,000 ポリ / 2 スキンメッシュ / 8 メッシュ)
  • ミディアム (Medium):普通 (70,000 ポリ / 8 スキンメッシュ / 16 メッシュ)
  • プア (Poor):悪い (70,000 ポリ / 16 スキンメッシュ / 24 メッシュ)
  • ベリープア (Very Poor):非常に悪い

パフォーマンス対策

  • ポリゴンは最大でも7万以下に抑える
  • メッシュはなるべく統合する
  • 特にウェイトを付けたメッシュをなるべく統合する (顔、ボディの2種類 + α 程度)
  • パーティクルシステムは 4 ~ 16 個以下
  • パーティクル数は 300 ~ 2500 個以下
  • パーティクルメッシュは 1000 ~ 5000 以下

参考:

VRChat のパフォーマンスランクについてまとめる | MR が楽しい

Avatar Performance Ranking System | VRChat [Official]

視点を設定する (View Position)

参考:

VRChat の View Position の設定方法 座標を微調整して目の間に置く | ShinrinMusic.com

VRoid/VRM から変換する

参考:

VRM から VRChat へアップロードする流れ – Qiita

Blender や FBX のモデルを VRChat で使おう!- Qiita

VRM ファイルを VRChat 用に変換、アイテムを持たせてアバターをアップロードする | まゆたまガジェット開発逆引き辞典

VRM (VRoid 産) にパーツを追加して再び VRM に戻す | まゆたまガジェット開発逆引き辞典

VRoid のモデルを VRChat に導入する | ぴけっとガジェット

衣装の着せ替え

参考:

VRoid に VRoid 以外の服を着せる | 潮留

Unity で着せ替えの設定を使い回す + 調整方法 TIPS | 潮留

キッシュちゃん向け衣装の着せ替え方法について | ネムタイン

アニメーションオーバーライド

参考:

アニメーションオーバーライドを入れてみよう!! 物・手編 | ケーキの PC 情報集会所

テクスチャの改変

参考:

VRChat のアバター改変でテクスチャにロゴ等を貼る方法 | hibit の技術系メモ

身長/頭身を変更する

参考:

VRChat や VRM のアバター頭身をいじる (fbx 修正不要) | おめが日記

Cloth

参考:

VRChat 用 Cloth の設定まとめ | クロイニャン pixivFANBOX

VRoid のワンピーススカートに、Unity の Cloth コンポーネントを適用し、VRChat に持っていくまで – Qiita

VRChat で使える Cloth コンポーネントを用いた貫通しないスカート | とらいくの製作日誌 (trike1236.hatenablog.com)

VRChat で Unity の Cloth の認識を改めた話 | FoR のブログ

Clothコンポーネントで揺れ表現 | VRChat KemonoClub Wiki

布を揺らす | のっぴの備忘録

まるで布っ!!Cloth 使ってみた!!| ケーキの PC 情報集会所

Unity の Cloth を使っておっぱいを作る – Qiita

Unity 5 でおこなうクロスシミュレーション | Unity Technologies Blog [Official]

Cloth | Unity マニュアル [公式]

パーティクル

参考:

ゼロから始めるパーティクル アバター用アクセサリーを作る – Qiita

Quest

参考:

VRChat Quest におけるアバターの負荷 | ぴゅあ吉

Future Proof Publish

将来の拡張に備えて余分なファイルをアップロードする。とりあえず現状で動作させるだけであれば必要ないので、基本的にチェックを外してアップロードすればよい。

参考:

What does “future Proof Publish” do? – Reddit

トラブルシューティング

参考:

アバターアップロード関連のエラー対処法まとめ | コウシの対処法

VRCSDK トラブルシューティング | VRChat 初心者向けガイド (vrc.wiki)

SDK で問題が起こったら | VRChat Document 日本語訳 Wiki (wikiwiki.jp)

VRChat_SDK のエラー「this avatar measures too large」について | さささ

初心者が VRChat のアバターアップロードでつまづいたところ – Qiita

SDK Troubleshooting | VRChat [Official]

まとめ

参考:

その他アバター系プレハブ | VRChat 技術メモ帳 (vrcworld.wiki.fc2.com)

Tips

参考:

3DCG で詰まったところメモ | つらつら・これみて (a_sono1-turakore)

VRM Converter for VRChat

VRM モデルを VRChat 用に変換するための Unity エディター拡張

使い方:

  1. BOOTH から ZIP ファイルをダウンロードして解凍し、Unity で「Assets > Import Package > Custom Package…」から VRM Converter for VRChat-19.0.0 + UniVRM-0.55.0.unitypackage をインポートする。
  2. VRM モデルを Unity にインポートしたら、Project ウィンドウで VRM モデルのPrefab を選択して「VRM」メニューから「Dupulicate and Convert for VRChat」を実行する。
  3. モデルの変換後、出来上がったアバターを VRChat SDK を用いて VRChat へアップロードする。

参考:

VRM Converter for VRChat (ぽけもり) | BOOTH

VRM から VRChat へアップロードする流れ – Qiita

esperecyan/VRMConverterForVRChat – GitHub

変換の詳細仕様 · esperecyan/VRMConverterForVRChat Wiki – GitHub

カメラフィルター・ミラーフィルター

アバター制作時にカメラフィルターをアバターに仕込むことで、カメラ撮影時にフィルターを使用できるようになる。各フィルターはアニメーションでオン・オフする。また、ワールド制作時にミラーにフィルター機能を追加できる。

参考:

VRC 想定 カメラフィルター・ミラーフィルター (ほたての貝殻) | BOOTH

DoF Filter

被写界深度によるピンボケ効果をシミュレートするフィルター。VR モードカメラもしくは、デスクトップのスクリーンショットで利用できる。

参考:

Kurotori’s DoF Filter – VRChat 用ボカシフィルター (黒鳥ケモノ工房) | BOOTH

VirtualLens

参考:

VirtualLens (ろじらぼ) | BOOTH

VirtualLens (static.logicmachine.jp)

HUD Shader (Watch)

アバターに装着させる腕時計を描画するためのシェーダー

参考:

HUD Shader 2.0 (Watch) for VRChat | Gumroad

Emote

参考:

VRChat 用 Emote 詰め合わせ 無料版 (ねここや) | BOOTH

Error’s HUD Shader

参考:

Error’s HUD Shader | VRCat

Simple Beam for VRChat Avatar

参考:

Simple Beam for VRChat Avatar (GAiA の物置小屋) | BOOTH

マイクミュートバッジ

参考:

マイクミュートバッジ (九尾玩具堂) | BOOTH

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です