ポストプロセス (Post-processing)

参考:

ポストプロセスの概要 | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

Post-processing | Unity Manual [Official]

ポストエフェクトを作成する

参考:

Unity のポストエフェクトでモノクロ画面を作る | おもちゃラボ

レンズフレア (Lens Flare)

参考:

Lens Flare | Unity で魔物使いゲームを作る (unity-shoshinsha.biz)

Unity 5 の太陽をコントロールする | テラシュールブログ

Unity でレンズフレアを用いて光を滲ませたり謎の光をしたり | テラシュールブログ

レンズフレア – Package「Light Flares」| 強火で進め

Render Texture でゲーム内にディスプレイを作る、Lens Flare で太陽を作る | Unity で魔物使いゲームを作る

パ○ツを遮る謎の光を実装してみた。- Qiita

レンズフレア | Unity 学習帳 (unityst.jetengine.net)

Lens Flare | Unity マニュアル [公式]

フレアレイヤー | Unity マニュアル [公式]

Lens flare not showing up – Unity Answers

ブルーム (Bloom)

参考:

世界が変わる Bloom (ブルーム) の使い方 | エクスプラボ

まぶしい光の表現 Bloom | Unity + UnrealEngine4 + Blog. (nabesi777.hatenablog.com)

Post Processing Stack v2 を使って Bloom (光のにじみ) を表現する | テラシュールブログ

Bloom させる | ヒナタ製作所

綺麗な絵作りをしよう!Post Processing Stack V2 で遊んでみた | GCREST DEVELOPERS BLOG

Post Processingの使い方 & Bloom エフェクトの追加方法 | Unity でゲームを作ろう!(unity.moon-bear.com)

Bloom | Unity Manual [Official]

発光 (Glow)

参考:

目やパーツの一部を光らせる | テラシュールブログ

ナイトビジョン (Night Vision)

参考:

Night Vision Image Effect in Unity 3D | Sharp Coder

アンチエイリアス (Anti-Aliasing)

参考:

アンチエイリアシングの概説 (SSAA / MSAA / FXAA / TemporalAA) | LIGHT11

Fast FXAA ( Fast Approximate Anti-Aliasing ) Mobile LWRP URP | Unity Asset Store [Official]

Anti-Aliasing | Unity Manual [Official]

RenderTexture with clear flags set to depth has weird outline (Anti-Aliasing issue) | Unity Forum

アンビエントオクルージョン (AO / Ambient Occlusion)

  • Scalable Ambient Obscurance:レガシー (コンピュートシェーダーに対応しない古いプラットフォーム向け)
  • Multi-scale Volumetric Occlusion:コンピュートシェーダーを使用した実装

参考:

Ambient Occlusion | Unity マニュアル [公式]

Ambient Occlusion | Post Processing 3.1 Manual [Official]

スクリーンスペースリフレクション (SSR / Screen Space Reflection)

参考:

Screen Space Reflection | Unity マニュアル [公式]

Screen Space Reflections | Post Processing 3.1 Manual [Official]

エッジ検出

参考:

Post Processing Stack v2 でエッジ検出を使用できる EdgeDetect-PostProcessingUnity 紹介 | コガネブログ

綺麗なアウトラインシェーダーを作る – Qiita

Unity で数種類のエッジ検出を比べてみた (Sobel, Prewitt, Roberts Cross) | カウンセリングエンジニア

Unity の Image Effect で Sobel フィルタによるエッジ検出 – Qiita

ソーベルフィルタでエッジを抽出する | LIGHT11

プレヴィットフィルタでエッジを抽出する | LIGHT11

大気散乱

参考:

The Blacksmith の大気散乱表現 | Unity Technologies Blog [公式]

URP

参考:

Post-processing in the Universal Render Pipeline | Universal RP 10.2 Manual [Official]

Image Effetcs

***OBSOLETE***

Post Processing Stack v2 を使う。

輪郭抽出用の Sobel フィルタは UTS2 に含まれる UTS_EdgeDetection を使う。

参考:

イメージエフェクトを使ってみる | ftvlog

Unity の ImageEffect で遊んでみる – Qiita

Unity の Image Effect で Sobel フィルタによるエッジ検出 – Qiita

フリー版でも使えるようになった ImageEffect の効果を確認 | きききろく

Image Effect の実行順番 | テラシュールブログ

イメージエフェクトを使ってみる | ftvlog

Unity Standard Assets の Image Effects のメモ書き | Taka8’s blog

イメージエフェクト | Unity 5.4 マニュアル [公式]

エッジ検出エフェクト 法線マップ | Unity 5.4 マニュアル [Official]

まとめ

参考:

Unity 5 で光モノ系を表現するあれこれ | テラシュールブログ

Post Processing Stack v2

こちらのページを参照

参考:

Post Processing Stack v2 overview | Package Manager UI website [Official]

Unity-Technologies/PostProcessing: Post Processing Stack – GitHub

Writing Custom Effects · Unity-Technologies/PostProcessing Wiki – GitHub

Post Processing Stack v2 を使って Bloom (光のにじみ) を表現する | テラシュールブログ

EdgeDetect-PostProcessingUnity

参考:

jean-moreno/EdgeDetect-PostProcessingUnity: Unity Legacy Edge Detect Image Effect ported to Post Processing Stack v2 – GitHub

エッジ検出エフェクト 法線マップ | Unity マニュアル [公式]

Post Processing Stack v2 でエッジ検出を使用できる EdgeDetect-PostProcessingUnity 紹介 | コガネブログ

kode80SSR

***UNMAINTAINED***

参考:

kode80/kode80SSR: An open source screen space reflections implementation for Unity3D 5 – GitHub

Screen Space Reflections in Unity 5 | kode80

Unity5 と SSR で床の反射を表現する、kode80SSR | テラシュールブログ

Unity5Effects (i-saint)

  • Temporal Screen Space Reflections
  • Screen Space Shadows
  • Screen Space Boolean
  • Rim Light
  • Water Surface & Caustics Field
  • Light Particle
  • Procedural Modeling
  • Metaball
  • Temporal SSAO
  • Mosaic Field

(出典:@isaint

参考:

i-saint/Unity5Effects – GitHub

Temporal Screen Space Reflections | primitive: blog

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です