文字列

参考:

文字列とテキスト | Unity マニュアル [公式]

クォータニオン

参考:

Unity の Quaternion でよく使う処理まとめ – Qiita

Quaternion でオブジェクトを回転させる方法 | XR-Hub

Quaternion.identity | Unity スクリプトリファレンス [公式]

UnityEngine.Quaternion | Unity スクリプトリファレンス [公式]

行列 (Matrix4x4)

  • Matrix4x4.identity単位行列
  • Matrix4x4.zeroゼロ行列

参考:

Matrix4x4 のまとめ | ゲームを作成しよう

Matrix4x4 の罠 | エフアンダーバー

UnityEngine.Matrix4x4 | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Matrix4x4.identity | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Matrix4x4.zero | Unity スクリプトリファレンス [公式]

乱数

0 から 1 の間で float 型の乱数を取得する。

float p = Random.value;

-1 から 1 の間で float 型の乱数を取得する。

float v = Random.Range(-1f, 1f);

0 から 9 の間で int 型の乱数を取得する。

int k = Random.Range(1, 10);

コード:

整数乱数を生成する (mizutanikirin) – GitHub Gist

参考:

乱数を Random を使って生成する方法 | XR-Hub

ランダムな要素の作成には乱数を使おう | TECH PROjin

ランダムな値を取得する方法!乱数を使ってゲームを面白くしよう | くろくまそふと

指定した範囲の乱数を生成する | 電脳産物

Random.value / Random.Range の使い方/ランダムな値/乱数を得る方法 | すなぎつ

乱数を生成する | CrossBridge Lab

乱数の再現 | kan のメモ帳

アプリ再起動せず乱数を固定にする | KAZUPON 研究室

再現可能な乱数を扱う方法 | ねこじゃらシティ

ランダム値生成における注意点 – Qiita

乱数を取得するときの範囲の設定に注意する | nekosuko.jp

Random.Range に気をつけろ! | へなちょこプログラマ blog

Random.Range を使う場合の注意点 | ftvlog

UnityEngine.Random と System.Random の違い | mattak

ランダムなゲームプレイ要素の追加 | Unity 2019.4 マニュアル [公式]

Random.value | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Random.rotation | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Random.Range | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Random.InitState | Unity スクリプトリファレンス [公式]

UnityEngine.Random | Unity スクリプトリファレンス [公式]

属性 (Attribute)

こちらのページを参照

参考:

Untiy 開発で早く知りたかった Attribute – Qiita

インスペクター拡張用の属性について | Uinty 使い方ガイド

Attribute で Inspector の表示変更 | 操作を忘れてしまうので。

属性 | Unity マニュアル [公式]

繰り返し処理

参考:

for 文 – 繰り返しをしよう! | TECH PROjin

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Protected by reCAPTCHA